ストレスを溜めない5つの方法と習慣

ストレス

「ストレス社会」という表現が世の中に浸透して久しいですが、今まさにストレスがたまっているという方も多いのではないでしょうか?

今の時代は本当に誰も彼も必要以上にストレスを抱えていますし、目に見えないストレスからこそ知らず知らずのうちにキャパオーバーになっていることもあります。

ストレスは確実に心身へと影響を及ぼすものです。

こまめに発散させ解消することも大切なのですが、そもそもストレスをため込まないようにすることも同じくらい大切です。

ここでは、ストレスを溜めない5つの方法と習慣をご紹介していきたいと思います。

 

・こだわりを捨てる

 

こだわりというとレストランなどでの「シェフのこだわりプレート」といったものを思い浮かべる方もいるかもしれません。

ただ、実はこういったこだわりによってストレスを発生させていることもあります。

「こうじゃなきゃいけない!」と思っていることはありませんか?

「ダイエットをして痩せなければいけない」「流行りは知っておかなければいけない」「おしゃれに見える部屋にしなければいけない」……こういったことはすべてこだわりです。

病気をリスクを高めるほどの肥満でない限りはダイエットの必要もありませんし、流行りだって知らなくてもそう困りません。

これからの時代はおしゃれに見える部屋よりも機能的で清潔な状態を保てる部屋のほうがいいかもしれません。

こだわりを捨てていくと、それだけでかなりのストレスから解放されるはずです。

自分自身へのこだわり、ものへのこだわり、人へのこだわり……自分の中にどのようなこだわりがあるのかを改めて考えて、そのこだわりとはサヨナラしていきましょう。

 

・音楽を生活に取り入れる

 

音楽を聞いてストレスを解消させているという方も多いでしょうが、音楽を生活に取り入れることは実際にとても効果的です。

いろいろな音楽がありますが、ストレスをためないということを考えるとやはり優しい音楽がいいです。

人の声が入っているものであれば綺麗な言葉を使っている優しい曲がいいでしょうし、人の声の入らないクラシック音楽などでもいいでしょう。

自然の中の音を聞かせてくれるものやヒーリングミュージックというのもおすすめです。

優しい音を聞いていると、それだけで心も休まりますし、体もリラックスできます。

 

・呼吸に意識を向ける

 

毎日を時間に追われるように過ごしているという方も多いでしょうが、その中で自分の呼吸に意識を向ける機会はあまりないかと思います。

深呼吸をするだけでも気持ちが落ち着くといった話はよく見聞きしますし、実際に経験している方も多いでしょう。

深呼吸も含めて、自分の呼吸に意識を向けるということも大切です。

ストレスがたまってくると呼吸が浅くなる方が多いため、深く呼吸することを意識してみてください。

しっかりと息を吸って吐くという当たり前のことをするだけで、心身の状態は違ってきます。

 

・食生活を見直す

 

意外に思われる方もいるかもしれませんが、ストレスをためないためには食生活の見直しも効果的です。

というのも、普段口にするものによって心身の状態が左右されるからです。

特に、カフェインや糖分の摂り過ぎはストレスレベルを上げる原因になるとも言われています。

カフェインや糖分に限らず、普段口にしているものから体が作られているということを考えればさまざまな選択肢の中で何を口にしていくか吟味することの大切さに気付くはずです。

遺伝子組み換えでないもの、農薬を使っていないもの、ホルモン剤や抗生剤を使っていないもの、添加物が使われていないもの……こういった安心安全なものの中で、栄養バランスのとれた食生活を実践していくようにしましょう。

毎日働きっぱなしの内臓を休めることも大切なので、時々断食などを取り入れるのもいいかと思います。

 

・体を動かす

 

ストレスをため込んでいる方ほどあまり体を動かしていないのではないでしょうか?

特に今は新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって、ますます体を動かす機会が減ってきています。

日頃あまり体を動かしていないという方にしてみると、体を動かすこと自体がストレスになってしまうように感じられるかもしれません。

ただ、実際にはその逆で体を動かすことによってストレスというのは軽減されていきます。

ラジオ体操、ヨガ、ストレッチ、ウォーキングなどとにかく簡単で軽い運動から始めてみてください。

実際に体を動かすまでは面倒でも、体を動かしてしまうと意外に心身がスッキリとしているものです。

もともと適度な運動というのは健康に必要なものなのですから、習慣化させておくに越したことはありません。

 

幸せになるミニマリストの買い物の仕方

今の時代はとにかくもので溢れています。まさに大量生産大量消費の時代です。

ただ、そういった中でモノを持たない生活スタイルに注目が集まるようになりました。

いわゆるミニマリストです。

ものに囲まれた生活をしている方であればあるほど、モノを持たない生活というのは考えられないかもしれません。

しかしながら、今の時代だからこそモノを持たないことによって幸せになれる部分もあるのです。

今回は、幸せになるミニマリストの買い物の仕方についてご紹介していきたいと思います。

・本当に必要なモノなのかを考える

買い物をするときに「安いから買っておこう」「可愛いから買っておこう」と本当に必要なモノかどうかを考えずに買ってしまうということはありませんか?

こういった買い物の仕方を繰り返していると、家の中が必要のないもので溢れていきます。

買い物をするときにはそれが本当に必要なものなのかを考えるようにしましょう。

買ったとしても使わない可能性があるならそれは必要なモノとは言えませんし、もしかしたら今家にあるもので代わりになるものかもしれません。

シンプルなことではありますが、買ってしまう前に一度立ち止まって考えるということはとても大切なのです。

もともと人間にとって最低限必要となってくるのは、衣食住と医療です。逆に言えば、これら以外の部分はいくらでもそぎ落としていくことができます。

そうやってシンプルなところにたどり着くのがミニマリストという生き方なのです。

・労働の対価として考えてみる

「これを買うために頑張って働く!」と考える方は少なくありません。

もちろん、それで働く上でのモチベーションが保てるのであれば悪いことではないでしょう。

ただ、せっかくならもうひとつの視点でも考えていきたいところです。それは「これだけ働いたとして、その対価に見合うものなのか」という見方です。

例えば、1日頑張って働いて5,000円を稼いだとします。

その5,000円でちょっとお高めのスイーツの詰め合わせを買ったとしたらどうでしょうか?

1日頑張って働いて、スイーツの詰め合わせを得ると考えたときに「もったいない」「割に合わない」と感じるのであれば、それは買うべきものではないということです。

買おうと考えているものを労働の対価として考えると、購入するものも自然と吟味できるようになるはずです。

・判断力が鈍っているときに買わない

今は新型コロナウイルス感染拡大の影響で以前のように外での買い物はあまり楽しめなくなりましたが、外での買い物だと疲れたときに余計なものを買ってしまうという方はやはり多いようです。

疲れているときというのは、判断力も鈍ってしまいます。判断力が鈍ってしまうからこそ、疲れているときには余計なものを買ってしまうのです。

1日休んで疲れがとれたら、「えっ、なんでこんなに買っちゃったの?」と自分で驚くこともあるでしょう。

疲れたときはもちろんなのですが、大きなショックを受けて呆然としているときや気持ちが“セカセカ”と焦っているときなど正常な判断ができないときには買い物をすべきではありません。

判断力が鈍っているときには買わないようにするということも大切なのです。

・何かを買ったら何かを手放す

ミニマリストの方の中には、一つのモノを買ったら家にある一つのモノを手放す、一つのモノを買ったら家の中にある二つのモノを手放すといったことを実践している方も多いです。

シンプルなことではありますが、新しいものを入れて古いものを出すということを繰り返すことによってものが増えていくのを防ぐことができます。

同じように何かを買うときには、その分、家にある何かを手放すようにしましょう。これはものが今以上に増えることを防ぐだけではなく、購入するときに吟味することにもつながってきます。

例えば、「電子レンジがほしい!」と思ったとします。

電子レンジを購入する代わりに何かを手放さなければいけないとなってくると、家の中で電子レンジの代わりになるものがないかを考えますし、家の中にあるモノの中から必要のないモノを探すようになります。

もしかしたら「電子レンジがなくてもフライパンで温められるからいいや」と電子レンジの購入をやめておくことになるかもしれませんし、「使ってない美顔器があったからこれを処分して、その代わりに電子レンジを買おう」と決断できるかもしれません。

買うにしても買わないにしても、どちらにしても本当に必要なものだけが家にある状態を維持することができます。

本当に必要なものだけに囲まれたシンプルな生活を実践することで、自然と心が豊かになっていくはずです。

仙台七夕まつり

こんにちは!電話秘書のアリスです。

私の地元の仙台では7月7日ではなく、8月に七夕まつりを開催します。
日程は毎年、曜日に関係なく8月5日~8月8日です。
8月5日には前夜祭があり、花火大会が開催されます。
8月6日~8日は、商店街が並ぶアーケードには大きな七夕飾りがたくさん飾られます。

なので、7月7日に七夕があるということは知っていましたが、梅雨真っ最中ですし、
「天の川で織姫と彦星が会える確率低いなあ~仙台みたく8月にやれば間違いないのにー」と思っていました。

小さい頃は家族親戚総出で行っていたようで、写真も残っていました。
昔は道路にシートを敷いて席を取り、皆で道路に座って花火をみたそうです。
母いわく、昔は火の粉が目の前まで降ってきたことがあったと言っていました。

中学生くらいになると、友達同士でいくことも多くなりました。
その頃日本舞踊を始めたこともあり浴衣は自分で着るようになりました。
一度、近所の友達が七夕デートに行くというのでうちで浴衣を着せてあげたところ、
途中で帯がほどけてしまい呉服屋さんでなおしてもらったそうです(ごめんね)。

やはり以前は「七夕まつりを楽しむ」というよりは「街に行って夜まで遊べる!」というのが目的になっていたと思います。
※私達仙台っ子は、なぜか「仙台駅付近に出かける」ことを「街にいく」という表現をしていました。
なので近くだったとしても「街にいく」のです。
実際、邪魔だからといってアーケードを避けて違う道を通っていたこともありました。

最後に七夕まつり期間に街に行ったのは上京する前の年でした。
それも、たまたま行った日が七夕まつり期間だっただけでした。
いまはお盆に帰省しても、もう七夕は終わっているのでお祭りには参加できないのです。

そんな矢先、今年は七夕まつりもお盆に帰省するのも中止になってしまいました。
なくなると余計に行きたくなってしまうんですよね。

七夕のことが気になり、改めて調べてみました。
商店街に飾る飾りは、1商店につき5個。大きなくす玉飾りは有名ですよね。
飾りつけコンクールがあるため、各商店ごと毎年燃えているそうです。
破れないように江戸千代紙など丈夫な和紙を使うこと・飾りの種類なども決まっています。
お祭り後は飾りは外国に寄付したりもするそうです。
私も真似して作ってみようとしてますが、なかなか難しいです。皆さんすごい!

いつかまた、七夕まつりを楽しむために参加したいなと思います。

★電話秘書のアリスでした★

夏といえば??

 

こんにちは(^^)電話秘書渋谷の きりんです。

もうすぐ8月ですね!
今年は去年よりも特になにもしていないのにも関わらず、
日が経つスピードが早いな~と思っています。
もう半年過ぎたという現実、
新型コロナウイルスの影響で気晴らしに
少し外出するということも躊躇ってしまっているこの頃。
どうにかこうにか運動不足を解消しようと、
任天堂Switchのリングフィットアドベンチャーと
腹筋ローラーを使って自宅でできる
運動を心がけてはいるのですが、
なかなか続けることが難しいですね…(^_^;)
運動しては筋肉痛と戦いながらも、
在宅太りを解消するべく日々奮闘しております(笑)

さて、今回は夏といえば??ということで、
皆様は夏と言ったら何を思い浮かべますか??
私はつい先日とある事情で帰省をしていたのですが、
そのときに体験してしまったことからなのか
夏と言ったら『怖い話』かな?と
個人的に思っております。
『怖い話』なんていつでもどこでもできるのですが、
なんだか夏の夜だと怖い話がしたくなるそんな感覚に
皆様もなったことが一度や二度はあるのではないでしょうか?
ということで、
今回は私がついこないだ体験したことを
『怖い話』としてお送りしたいと思います。

なぜ私が突如帰省することになったのかというと、
母からの一本の電話がありました。
『ばあちゃんが危篤だから帰ってきて。』
(もし読んでくださっている方がいるのならこんな話するもんじゃないと思われるかと思いますが、許してください。)
実は数日前に入院したという連絡は入っていたのですが、
まさかこんなに早く悪い連絡が来るなんて思ってもいませんでした。
連絡が入ってからすぐ帰るために手配し、
翌日の朝早い新幹線で帰りました。
私が帰省してから三日目の夕方に上京している孫が全員揃い、
その日の夜に祖母は旅立ちました。

それから葬儀を行うために葬祭センターに2日ほど泊まったのですが、
二日目くらいから右肩と背中に違和感を感じるようになりました。
座椅子に座っているとき、
気がついたら膝に肘をついて前かがみになっている
ということがありました。普段はこんな体勢にはほとんどならないので
たまたまかな?と思ったり、
肩や背中の違和感も在宅で運動不足が原因とか
ショルダーバッグを右肩に掛けていたからかな?と思って、
違和感を感じるようになったのも
いつからだったのか定かではなかったので、
すべて『たまたま』こうなったのだろうと思ってました。
ふと、私の仕草に違和感を感じた姉が母に言ったところ
「もしかしてここ(葬祭センター)に来てからかもしれないから、
出入り口にある塩を振ってみて」
と、母に言われ。
買い出しついでに塩を振ってみたら、
今までに感じたことがない目には見えない
何かが落ちる感覚を背中に感じ、
しかも数分後には違和感や痛みはなくなっていました。
これが取り憑かれているという感覚なんだなと
身を持って体験しました。

葬儀が終わったあと、
翌日早めの新幹線で帰る私と姉は先に弟の車で
実家に帰ることになりました。
その日の夜、弟は自分の部屋、
私は母の部屋、姉はリビングで寝たのですが、
朝起きたら姉から、
「ばあちゃんの部屋からずーーーっと
ガサゴソ音と誰もいるわけがないのに
人の気配がするんだよね」と一言。
今もしてるよ。
と言われ耳を澄ますと本当に聞こえてくる
ビニールとかを漁るような音。
ありとあらゆるビニール袋が祖母の部屋から
出てきたりしていたので、
もしかしたら一緒に帰って来たのかな?と思いました。

その後も弟から、
自分が部屋で脱いだ服が勝手に移動した、
など連絡が入り、それも世話焼きな祖母ならではなのかな?
と思いました。
なんやかんや起きている現象としては
とても怖いなと思いますが、
いろんなところから祖母が見守ってくれている
のかな~と思いました(^^)

次はお盆に帰省予定の、
電話秘書渋谷のきりんでした\(^o^)/

 

初めてのハワイ③

こんにちは!電話秘書の渋谷ベアーです!
7月に入りましたが、
まだもう少し雨が続きそうですね・・
例年通りならあと一週間程だとは思いますが、
九州各地の大雨被害がこれ以上悪化しないよう
1日でも早く梅雨が明けてほしいものです。

それでも昨夜2:00頃弟からの着信で目覚め、
地元の福岡はまた大雨。
近くの川の一部が氾濫し、
警戒レベルが4になった為一時避難するとの事でした。
朝方レベル3に下がりましたが、
近くの祖父母達は様子を見てから帰宅するとの事・・凄く心配です。
世の中コロナなどで不安に包まれる中、
この大雨にこれからやってくる台風にも警戒が必要ですよね・・
今回もまた前回に続きハワイでの事を書きたいと思います。

ハワイ三日目。
前日のイルカツアーに参加し、
特に大きな予定を組んでいなかった日でした。
ただ夫婦共々朝方人間で、旅行中も基本早寝早起きなのです!
この日も時差ボケが関係してかかなり早く目覚めたので、
それなら近くのダイヤモンドヘッドに行こうと決まりました!
まだ外は若干暗かったです!
滞在先から車で15分位で、
結構朝が早いのに凄い人と車が停まっていました。
皆んな恐らく朝日を眺める為に早く出発したのでしょう!
まだ気温も高くなく好都合ですし♬

Processed with VSCO with c1 preset

ダイヤモンドヘッドは死火山の外輪山で、
一番高い部分が標高232mしかありません。
ハワイに行く前に富士山に登っているので・・
232mは正直、朝飯前です!笑
朝から元気にハイキングするにはちょうど良く、
いい運動になります。
場所によっては混んだりもしますが、
綺麗に整備された山道や階段なので登りやすく、
途中での写真スポットで撮影したりしても
約40分位で頂上に到着しましたよ!

Processed with VSCO with c1 preset
Processed with VSCO with c1 preset

無事朝日も眺められて、ゆっくり下山しました。
一旦ホテルに戻りシャワーを浴びて汗を流してリフレッシュ!
朝から運動すると本当に気分がいいですし、
朝から元気になれる気がします!
前日は早朝からツアーに参加したので
宿泊先でゆっくり朝食をとる事が出来なかったので、
この日はゆっくりモーニングをいただくことにしました♬
ハイキング後の糖分を欲していた私は名物の
ピンクパンケーキをいただきました!
もちもちで意外にも甘すぎずとっても美味しかったです!

Processed with VSCO with c1 preset

その後はワイキキをぶらぶらしながらお土産屋さんなど覗いて、
一旦ホテルに戻って休憩。
荷物をまとめてお昼前にホテルをチェックアウトしました!
また別の場所に移動です★
この日の夜からは中心部のワイキキから
1時間もかからないカイルアに滞在しました!
ワイキキも良いのですが、
カイルアはよりローカルなのとビーチがとても綺麗なのです。

ワイキキを出発してから、
途中でテイクアウトしたステーキランチボックスが
凄く美味しかったです!
道中の景色がきれいな所で車を停めて、いただきました!
ちょっとした事でも非日常的で凄く新鮮で、
何でも楽しく感じてしまいました。

もうハワイでの事なんてとっくの昔なのに、
今でも鮮明に覚えていて・・
少し前までは旅行なんて行きたい時に
行けるのが当たり前だったなあ・・と少し感慨深いです。

まだまだ個々での自粛の中で、
色んな制限がある日常にも慣れてきました。
ただやっぱり以前のように気軽に
出かける事が出来ないのが少し寂しいですね・・
ましてや海外となると、
先が見えないレベルだな・・と考えてしまいます。
まだ全然余裕を見せていい段階ではないと思うので、
個々で出来る事を率先し、
少しでも予防出来る事は続けていこうと思います!

また次回もハワイの続きを書きたいと思います!
電話秘書の渋谷ベアーでした♬