留守番電話がもたらしたもの

今では携帯電話を手放せない人たちが多い現代ですが、
昔、留守番電話が出始めた頃、みんながやったことと言えば、
帰宅後すぐに留守番電話の録音テープを聞くことだったようです。

自分がいない間に連絡がなかったどうかの確認です。
携帯電話がある今では、帰宅するまで連絡ができないということはありませんが、
当時の電話事情はそんな感じだったんですね。
それでも、当時としてはかなり画期的なことでした。

留守番電話は、それまでの電話の概念を大きく変えたものでした。
というのも、自分が相手に電話をして不在だったら電話の機能としてはそれまでですが。
しかし、留守番電話があることで、そこに電話をしてきたことを告げることによって、
電話をした証拠が残ります。

電話をしましたということを告げるということは極めて画期的なことと同時に、
メッセージを残せることによって、間違いなく連絡がとれるツールに変わったのです。
今では何でもないことですが、当時にしてみれば、すごいことだったのです。

普通の家だけではなく、会社などにおいては、それで顧客を逃がさず、
ビジネスチャンスを生かせるようになったということにもなったのです。
ビジネスシーンにおいても留守番電話の有無が大きな影響を与えたと言えます。

キャッチホンのメリットデメリット

キャッチホンと言えば、携帯電話にもその機能はあります。
すでにご存知の通りたとえばAさんの電話をしながら、
Bさんの電話も同時に取れるというものです。

これで、相手に話し中のイライラをさせることなくなります。
実はキャッチホンは留守番電話よりもずっと早くできた機能なんですね。
ただ、すごく真剣な話をしている時のキャッチホンのサインは
ちょっとイライラとするものだったりします。

時として、いっそのこと話中の方が良かったかも?
と思うことも。(笑)
でも、こうした電話の機能が付くことは、当時としてはとても楽しいことでした。
少しの料金でキャッチホン、もちろん携帯電話ではおなじみの設定です。
それも自分で設定するというものです。

私個人としては、電話の途中で相手の方を違う電話で待たせてしまうことに
なんとなく少し違和感を感じてしまうのでキャッチホンは使わない派なんですが。
職種にもよると思いますが、皆さんはどちらでしょうか。