雪の少ない冬

電話秘書の渋谷マオです。

スノーボードを始めてもう20年以上たちますが、
今年は今までで1番雪の量が少ないように感じます。
 
私が昔ニセコで住み込みで働いていた頃は
積雪が5メートルくらいありましたが、
最近は多くても3メートルくらいでしょうか?
1月にニセコで滑ったときも、
例年は雪で埋まっていいるはずの沢が
まだ出ていて水が流れていたり、
木が埋まっていなかったりと、
積雪の少なさを実感しました。
 

雪国で暮らしている人には除雪作業が少ないのは
助かることかと思います。
でもスキー場運営関係の方は頭を悩ませていることでしょうし、
私のようなウィンタースポーツを楽しむものにとっても
少し残念な冬となりました。
 

例年ならまだ冬の寒さが残る季節ですが、
ひな祭りのスキー場は春の陽気で、
雪もすっかり春雪でした。
春の陽気の中滑るのも楽しいですが、
3月頭でこの感じですと、
スキー場のクローズは予定より
早くなってしまうのではないかと思います。
ゲレンデのコース脇の杉林も花粉を
たくさんつけていましたし、
花粉症の私にとっては滑り納めかなぁ?
と思う1日となりました。
山形の月山スキー場は4月オープンなので、
ひょっとしたら行くかもしれませんが、
どうなることか??
 

登山をしていても、
バックカントリーで雪山に入っていても思いますが、
自然を相手に楽しむというのは、
人の力ではどうにもならないことが多いです。
温暖化の影響もあるでしょうし、
いつか日本からスキー場がなくなる日も
きてしまうかもしれないですね。
やはりいつも謙虚な気持ちで
自然の恵みに感謝していきたいです。
 

今年は例年よりも短いシーズンとなりそうですが、
この先はまた冬の間にできなかったことを
楽しんでいきたいです。
しばらくは花粉に悩まされる毎日が続きますが、
めげずに頑張ります。
 
 
電話秘書の渋谷マオでした。
 
 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA