トレイルランニング

電話秘書の渋谷マオです。
 
 
山を走るスポーツ、トレイルランニング。
 
何年か前から人気で、普通に登山で歩いていても、
トレランの人によく会います。
普通に登るだけでも辛いのに、それを走るだなんて、
なんて強靭な人たちなんだろうといつも感心していました。
 

私が履いている登山靴はハイカットでソールも硬めでしっかりとした作りです。
テントなどの重い荷物を背負って歩く時にはガッチリとし足元に助けられています。
でもちょっとした登山やハイキングみたいな時には、
もう少し軽い靴の方が良いと思っていました。
 

そんなわけで今回はじめてトレイルランニング用のシューズを買ってみました。
最近は普通の登山の人でもトレランシューズを履いている人が増えてきていて、
以前から興味がありました。
 

普通のランニングシューズと違うのは、まずソールのグリップ性です。
アスファルトを走るランニングと比べて、トレランはまさに山道。
滑りやすい山道をしっかりグリップしてくれるソールが必要です。
やはり山道を下ってくるわけですから、クッション性があることも重要です。
 

買った靴を試しに、まずは高尾山から陣馬山を超えて藤野駅までの
20キロ位の道を歩いてきました。
衝撃的に驚いたのは足元の軽さです。
今までそんなに自分の登山靴が重いとは意識していませんでしたが、
トレランシューズにしてみてびっくり!
 
足元が軽いと、こんなに足がどんどん前に進むんだ!と驚きました。
そしてクッション性が全く違うので、膝への負担がとても少なく感じました。
歩いている途中から、この靴なら自分も走れるかもしれない、と思い始め、
少しの距離ですが走ってみたりもしてしまいました。笑
 
結局いつも歩くペースよりもはるかに早くゴールすることができました。
トレランシューズ、想像していたよりもはるかに良い靴でした!
 

その後、山を走る爽快感に目覚め、ランニング用のザックも購入して、
まずは低山で上りが少ないところから走り始めています。
これからの季節は低山は暑いので、しばらくは高山での
普通の登山がメインとはなりそうですが、
また涼しくなったらあちこち走ってみたいです。
 

トレランは登山道での追い抜きやすれ違いの部分で、
一般登山者とのトラブルも多いので、
マナーを守って、無理せずチャレンジしていきたいと思います。
 
 
 

電話秘書の渋谷マオでした。
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA